ブログのページをわかりやすく整理する方法

ブログ記事を読者が読んでいくと、読者はこんな疑問を持ち始めます。

 

「あれ、今はどこのカテゴリーにいるのかな?」

「ほかにいい情報ないかな?」

 

僕は、このような読者の疑問にお答えするために、

記事の中でたとえば、

 

ホーム>ビジネス

 

のように、読者が今どのページをよんでいるのかわかるように設定しています。

 

 

上のページに来た読者が、「ビジネス」のカテゴリーをさらに読みたい、と思って「ビジネス」をクリックすると下のような「ビジネス」カテゴリーが出てきます。

 

 

ちなみに、「ビジネス」のカテゴリーが出てきたのは、ブログ記事をカテゴリー分けしているからです。

カテゴリーを分ける方法は下の記事を参考にしてみてください。

 

参考記事:ブログ記事のカテゴリー作成方法

ブログ記事のカテゴリー作成方法
読者にとって分かりやすいブログとは?ここでは、WordPressでのカテゴリー作成方法を説明しています。

 

さて、先ほどの、

 

ホーム>ビジネス

 

このようなリストを、業界用語でこう呼びます。

 

パンくずリスト。

 

パンのくず?

いったい何??

 

 

僕は最初この業界用語の意味がよくわかりませんでした。

 

パンくずリストの設定の説明の前に、気になる人はこの業界用語が気になるはずですので(僕はものすごく気になりました)、少し説明を入れておきますね(^ ^)

 

で、パンくずリストなる業界用語の謎は実は、グリム童話にあったのです。

 

『ヘンゼルとグレーテル』という物語です。

 

Wikipedia

 

貧しい木こりの家に生まれた兄ヘンゼルと妹グレーテルの冒険物語です。

 

食べ物を買うことすらできなくなった貧しい木こりの妻は夫に、子供たちを森の中に捨てる話を持ちかけ、きこりはしぶしぶ承諾しました。

 

今だとひどい話ですが、中世ヨーロッパでの大飢饉のときの出来事を伝える物語のようです。

 

物語は長いので全部話しませんが、パンくずはこの物語の中で出てきます。

 

家から両親に連れられて深い森に行くとき、ヘンゼルとグレーテルはパンを与えられます。

 

実は、ヘンゼルは両親が自分たちを捨てるために森に行くということは知っていました。

 

たまたま両親の会話を隣の部屋で聞いてしまっていたのです。

 

ヘンゼルは、両親がいなくても自分たちで自力で家に帰れるように、知恵を使いました。

 

それが、先ほど両親から与えられたパンなのですが、なんと、そのパンを粉々にして道しるべとして、道しるべとして道々落としていったのです。

 

これが、パンくずリストの由来です。

 

つまり、道に迷わないように、目印をつけておくことです。

 

読者が度の記事にいるか迷わないように、リストをつけるのです。

 

さて、ここから本題のパンくずリストの設置方法です。

 

WordPressのプラグインを使います。

 

Breadcrumb NavXT

 

WordPress管理画面➞プラグイン新規追加から「Breadcrumb NavXT」を検索➞ダウンロードし有効化する。

 

設定は、たったこれだけでOKです。

下の画像のように、「インストール済みプラグイン」画面で「Breadcrumb NavXT」が有効化されていればOKです。

「停止」が表示されていれば有効化されているという意味です。

 

 

パンくずリストは、SEO(検索エンジンで上位表示されるテクニック)にも役立ちます。

 

Googleなどの検索エンジンのロボット(クローラーといいます)はページ内のリンクをたどってサイトの構造やページの情報をデータベースに登録していきます。

 

パンくずリストを設置することで、クローラーが効率よくページを巡回することができるので、SEOにも効果的だと言われています。

 

パンくずリストは、読者にとっても検索エンジンにとっても迷子にならないための大切な道しるべとなるので、必ず導入しておきましょう♪