フリー画像を加工してブログに貼り付ける方法

便利なプラグイン:Pixabay Images

Simplicityには、アイキャッチ画像がデフォルトでついているので、

これを使わない手はありません。

 

でも、画像ってどっから取ってきたらいいの?

ネットから勝手に引っ張ると著作権で問題だよね?

 

そんなとき、WordPressのプラグインでダウンロードできる便利なツールがあるんです!

 

Pixabay Images

 

無料で画像の使用が可能なので、写真を探す手間が省けて、時間短縮できます。

僕はこれを使ってます。

 

使い方はカンタン。

WordPress管理画面➞プラグイン新規追加からダウンロードし有効化する。

 

投稿編集ページにPicabayボタンが出るので、そこから画像を検索して選んでみてください。

 

 

僕は、そのままの画像を使ていません。

そのままだと他の人と同じになりますし、加工した方が分かりやすいアイキャッチになるからです。

Pixabayはフリー画像素材ですが、自分で加工しておけば著作権に触れることもなくなります。

 

その他のフリー画像素材サイト

写真AC – http://www.photo-ac.com/
イラストAC – http://www.ac-illust.com/
モデルフォト – http://model.foto.ne.jp/
ぱくたそ – https://www.pakutaso.com/
タダピク – http://www.tadapic.com/

フリー画像を加工する方法

では、僕がどうやって加工しているか説明します。

Snipping ToolPrint Screenを駆使して画像加工しています。

 

まずは、Snipping Toolの説明から。

Snipping Toolは画像の切り取りたい部分を切り取ることができるツールです。

Windowsの場合だと、左下にMicrosoftのマークがあるので、右クリック。

そして、検索で「Snipping Tool」と入力すると、はさみマークが出てきます。

下の画像の例だと「S」と入力した時点で、文字推測でSnipping Toolが出てきました。

 

すると、ツールが起動します。

新規作成をおして、切り取りたい部分をドラッグすると、切り取れます。

続いて、Print Screenの説明です。

 

Print Screenはデスクトップの画面全体をパシャっと撮影する感じです。

これは下の図のように、左下の「Fn」キーと右上の「Prt Scr」キーを同時に押します。

 

同時に押すと、あなたのパソコンに全体画面が記憶されています。

その画像を落としたいときは、エクセルとかワードとかパワーポンとでもなんでもいいので、

「右クリック」→「貼り付け」してください。

全体画面が貼り付けられるかと思います。

 

僕が画像を加工するときは、エクセルシートに画像を張り付けて、「挿入」→「テキストボックス」で文字入れて、画像に入れ込んでいます。

 

テキストボックスを右クリックして、「図式の書式設定」から「図の塗りつぶしなし」を選ぶとテキストボックスが透明になるので画像と同化します。枠線も同様に「塗りつぶしなし」を選択してください。

画像をJPEG形式に変換する方法

エクセルで加工した画像をSnipping Toolで切り取ってパワーポイントにくっつけて下さい。

画像の上で右クリックして「図として保存」をクリックします。

ファイルサイズを抑えるため、「JPEGファイル交換形式」で保存。

 

まとめ

Pixabayでフリー画像ダウンロード→エクセルシートで画像加工→パワーポイントでJPEG形式に変換、この流れを覚えておくと画像データ作成がラクになりますよ♪

コメント